ダウンロード Newton(ニュートン) 2017年 04 月号 [雑誌] Ebook PDF

Newton(ニュートン) 2017年 04 月号 [雑誌]


本の表紙Newton(ニュートン) 2017年 04 月号 [雑誌]
4.5 5つ星のうち 4 カスタマーレビュー

ダウンロード Newton(ニュートン) 2017年 04 月号 [雑誌] Ebook PDF - 内容紹介 宇宙背景放射 この雑誌について 科学の話題を面白くビジュアルに紹介

ダウンロード PDF 読む オンライン

商品の説明 Newton(ニュートン) 2017年 04 月号 [雑誌]

タイトルNewton(ニュートン) 2017年 04 月号 [雑誌]
作者高嶋秀行
発売日2017/2/25
カテゴリー
顧客評価4.5 5つ星のうち 4 カスタマーレビュー
ファイル名newton-ニュートン-2017年-04-月号-雑誌.pdf
ファイルサイズ20.65 MB (現在のサーバー速度は 26.53 Mbps

以下は、Newton(ニュートン) 2017年 04 月号 [雑誌]で最も役立つレビューの一部です。この本を買うか読むかを決める前に、これを検討する必要があるかもしれません。
過去の月刊誌は書店で買えないので助かります。また、関心のあるテーマの物が買えるのも助かります。しかも、安いですし、商品そのものに問題もありませんでした。
(1)「がん細胞は異常増殖するため、エネルギー源を生みだすのに必要な酸素が不足した状態になりがちです。また、治療のための薬剤や放射線にさらされた細胞が、さまざまな分子を周辺へ出すこともあります。こうした環境に適応した結果、「がん幹細胞」が生まれるというのが、最近の見方だといいます。人が集まって社会ができるとき、交流しているうちに一部の人が力をもつようなものです。「がん幹細胞がいつ生まれるのかについては一致した見解がなく、混とんとしてきています」。がん幹細胞は、まだ、なぞの残された細胞なのです。」(p82)「普通のがん細胞の増殖過程をねらう抗がん剤は、がん幹細胞へは利きが悪く、そのために再発や転移を防げていないと考えられています。2017年1月現在、胃がんや大腸がんの一部で、がん幹細胞をねらった薬を使う臨床試験が準備中とされています。」(p83) 日経おとなのOFF2016年11月号『あと50年をぴんぴん生きよう!笑う100歳に学ぶ心と体 55の習慣』では、「2066年の世界へようこそ、50歳の人が100歳まで生きたらこんな世界」というのを紹介していました。〈唾液、血液などわずか1滴の体液から、13種類のがんを、瞬時に発見できる検診。そして、副作用のないナノサイズ抗がん剤治療。ウイルスとほぼ同じ大きさ、50nmという超微細な抗がん剤の表面は、がん細胞に届くまで溶けないため、血管の中を通っても白血球が異物として感知しない。そのため、副作用もなく目的のがん細胞まで到達し、ピンポイントでがんを破壊するので、ガンの死亡率は劇的に減少する。〉 ただ、実際にはかなり初期の段階から転移があったりしていた場合は、このようなピンポイントのがん細胞の破壊では完治しない恐れがあり、なかなか難しいとも聞きます。「治療のための薬剤や放射線にさらされた細胞が、さまざまな分子を周辺へ出すこともあります。こうした環境に適応した結果、「がん幹細胞」が生まれるというのが、最近の見方だといいます。」すなわち、ヘタなというか不十分な抗がん剤や放射線治療では、むしろがん幹細胞を作ってしまう危惧があると読み取れます。抗がん剤でがんが小さくなったと少し喜んでいたら、しばらくして今度は抗がん剤に耐えて残った強いがん細胞が再度増殖してきた、とか聞きます。「普通のがん細胞の増殖過程をねらう抗がん剤は、がん幹細胞へは利きが悪く、そのために再発や転移を防げてないと考えられています。2017年1月現在、胃がんや大腸がんの一部で、がん幹細胞をねらった薬を使う臨床試験が準備中」ということで、「強い効果のあるうまく治療できる、抗がん剤や放射線や陽子線、重粒子線」であればよいのですが。「ヘタなというか不十分な抗がん剤や放射線治療」では、むしろがん幹細胞を作ってしまう危惧がある訳ですから。がんの治療法は、「手術で切る」か、「オプジーボなどの免疫療法」か、「今後開発のがん幹細胞をねらった新しい強い抗がん剤や粒子線治療など」かになります。がん細胞がかなり大きくなったあとの現在の治療としては、「不十分な抗がん剤や放射線治療でもいいからがん細胞を小さくしてから手術で取り除く」。または特に転移して全身病になった場合は、「オプジーボなどの免疫療法」が注目されています。 また、近藤誠理論ですが。「がん細胞は異常増殖するため、エネルギー源を生みだすのに必要な酸素が不足した状態になりがちです。また、治療のための薬剤や放射線にさらされた細胞が、さまざまな分子を周辺へ出すこともあります。こうした環境に適応した結果、「がん幹細胞」が生まれるというのが、最近の見方だといいます。」ということであれば、確かに不用意なというか、ヘタなというか不十分な抗がん剤や放射線治療では、むしろがん幹細胞を作ってしまう危惧がある訳ですから。近藤医師の言うように、「現在の不用意なというか、ヘタなというか不十分な抗がん剤や放射線治療では、むしろ患者が苦しむだけの逆効果な面が確かにあるのだ」という可能性も見えてきます。(2)「iPS 細胞は、不死化しつつも、がん抑制遺伝子は正常。 面白いことに、がん抑制遺伝子p53のはたらきをおさえることで、がん細胞と同じように無限に分裂できるiPS 細胞をつくりやすくなります。一方で、いったんiPS 細胞になったあとには、がん抑制遺伝子p53がはたらくことが重要になります。がん抑制遺伝子p53とその支配下の遺伝子群が、iPS 細胞とがん細胞を似て非なる細胞にしているのです。 なお初期化といっても、元の細胞がDNAに傷を負っていたら、それらがきれいに治るわけではありません。傷ついた部分ががん化にかかわる場合、iPS 細胞を体のさまざまな細胞へ変身させていく過程で、がん化してしまう可能性が残るわけです。臨床試験では、がん化のリスクをできるだけさけて、傷が少ないなど質のよいiPS 細胞を使う必要があることはいうまでもありません。」(p78)〈船瀬俊介著『STAP細胞の正体 再生医療は幻想だ 復活!千島・森下学説』を読むと、iPS細胞はガン化の問題を本来的に内在化しているようです。日経サイエンス2015年3月号の『STAPの全貌』ではSTAP細胞を“幻想の細胞”と言っていました。しかし、『STAP細胞の正体』ではむしろ逆に、“iPS細胞は人工的な細胞でSTAP細胞は自然な細胞”と表現しています。『STAP細胞の正体』ではiPS細胞を“ブレーキのない最新鋭車”と呼んでいます。なぜならば、iPS細胞はセルサイクル(細胞循環)に備わった2つの“ブレーキ”を邪魔だといって破壊してしまっているからです。それは、増殖抑制酵素RBとP53の破壊です。よって細胞の“暴走”つまり“ガン化”の制御がきかなくなった状態になってしまっています。〉(夏緑著『これだけ!iPS 細胞』レビュー) 増殖抑制酵素RBやP53を破壊して無理矢理(?)作ったiPS 細胞が、“いったんiPS 細胞になったあとは、本当に増殖抑制酵素RBやP53が元通りきちんと働くようになっているのかどうか”がまず心配です。“iPS細胞のがん化の問題は解決した”、とはやはり言えないとも危惧されます。 さらにコストの問題もあります。池上彰著『はじめてのサイエンス』では、iPS細胞が高価になりすぎて普通には使用できないのでは、とも危惧していました。最近、オプジーボなどの免疫チェックポイント阻害剤の値段の高さと、それにともなう保険制度への影響への危惧が話題になっています。iPS 細胞は、質のよい細胞を作る必要性など、さらにずっと高価になる危惧があります。山中伸弥博士は人工知能(AI)を使いたいと言っていましたが、iPS細胞の低コスト化も乗り越えなくてはならない高い壁です。
Tags:Newton(ニュートン) 2017年 04 月号 [雑誌]PDFダウンロードNewton(ニュートン) 2017年 04 月号 [雑誌]PDFNewton(ニュートン) 2017年 04 月号 [雑誌]のePubNewton(ニュートン) 2017年 04 月号 [雑誌]ダウンロードNewton(ニュートン) 2017年 04 月号 [雑誌]オーディオブックNewton(ニュートン) 2017年 04 月号 [雑誌]ダウンロードブックNewton(ニュートン) 2017年 04 月号 [雑誌]発売日Newton(ニュートン) 2017年 04 月号 [雑誌]試し読みNewton(ニュートン) 2017年 04 月号 [雑誌]ネタバレNewton(ニュートン) 2017年 04 月号 [雑誌]amazonNewton(ニュートン) 2017年 04 月号 [雑誌]downloadNewton(ニュートン) 2017年 04 月号 [雑誌]kindle

この記事へのコメント